• トップ

矯正歯科で歯並びを改善する意味

欧米では、矯正歯科で歯ならびを綺麗にすることは当たりまえのようにおこなわれていますが、日本ではまだそれほど浸透しているとはいえません。歯ならびが整っていると、見た目の印象がいいのはもちろんのこと、歯の健康維持や滑舌が良くなる等のメリットもあるので、矯正歯科で歯並びを整えることはとても大きな意味があるといえます。歯科矯正というと、歯がまだ成長段階の子どものうちにしかできないと思っている人もいるかもしれませんが、じつは歯が成長しきった大人でも治療を受けることができます。歯の状態が健康であれば、年齢に関係なく歯ならびは綺麗にすることができるのです。歯科矯正というと、金属製のブラケットとワイヤーを使ったブラケット矯正を思い浮かべる人が多数だと思いますが、じつはほかにもいろいろな治療方法があります。樹脂製のマウスピースを使ったインビザライン、歯の裏側に矯正装置をとりつける舌側矯正などは、周囲に目立ちにくいという利点があるため、これらの方法を選ぶ人も多くなっています。それぞれ治療内容や治療にかかる金額も異なってくるので、どの方法を選ぶかは、矯正歯科の歯科医師とよく相談しながら決めるといいでしょう。

矯正歯科の良い情報

新着情報

↑PAGE TOP