トップ

助産院で陣痛を軽く出産

助産院で軽い陣痛で出産する

助産院で軽い陣痛で出産する

陣痛には個人差もあるようです。しかしながら、今まで経験したことがなかった痛みを、誰もが陣痛で知ることは間違いないないでしょう。できることなら、少しでも痛みが軽い出産をしたいと言うのが妊婦さんの本音。あなたは、どんな施設で赤ちゃんを迎えたいですか?

助産院は、医療法で定められている施設で、管理者は助産師。医師はいません。ですから、病院のように医師による医療行為は受けることができませんので、正常な妊娠経過をたどり、自然分娩ができる人だけが利用することができます。助産院で出産したいなら、まずはこの条件をクリアする必要があります。

クリアできるようでしたら、助産院は病院にはない色々なメリットがありますので検討してみても良いでしょう。助産院は、アットホームな雰囲気も魅力です。入院床数が9床以下と決まっていますし、たくさんの妊婦さんの検診を行うわけではないので、時間をかけて丁寧に診察。和室になっていて布団のところも多く、家族で一緒にくつろぎながら過ごせる所も少なくありません。食事にこだわっている所もあります。

また、分娩台はなく、陣痛を軽減しながら自分が楽に感じる姿勢で出産することもできますし、いわゆる昔ながらのお産が可能です。中には、水中出産ができる助産院もあります。陣痛から出産まで、助産師が付き添ってくれますので、精神的にも心強いことでしょう。

出産後も手厚いケアが受けられます。出産後、お母さんの体の回復状況を診てくれたり、産後の母乳相談などができたりとアフターケアも充実。母乳マッサージをしてくれる所も少なくありません。

お産は何があるか分からないもの。助産院は、安全の為、産婦人科と提携していて緊急時はサポートを受けたり、病院に転院できるようになっています。緊急時にどのような対応があるのか確認し、納得できる所を選ぶようにしましょう。